人気中古車 ハイエースは室内空間の広さが魅力

中古車もハイエースは、室内空間の広さが魅力です。

ハイエースは元々がバンをベースにした車です。

ワゴン車は発売から8ヶ月ほど遅れて出てきましたが、基本は商用車です。

荷物を一杯詰めることを考えて作られたバンだと言えるのです。

その後ミニバンが大ブームとなりましたが、ハイエースのような1ボックスッスタイルは安全性の面で大変不利です。

運転手の足が事故の時に挟まれてしまう危険性があるからです。

現行車ではフロントに多少のノーズを設けることで改善されていますが、基本設計そのものは古い車ですから、完璧という所までは行っないと言えるでしょう。
しかし、商用車並の室内空間と、車種事の適度な装備、耐久性など、多くの魅力も存在し、人気の車種となっています。
東南アジアなどでも大変人気で、中古車、新車を問わず最近盗難車のトップに常連している車種でも有ります。
ユーザーもその広い室内に惚れ込み、購入す人が多いと言えます。
キャンピング仕様に懸架したり、室内に簡易ベットを積み込んだりと、この車で車内泊を楽しむユーザも数多くいてます。

ハイエースをベースに、懸架を行うメーカーやショップも多数存在するほどです。

また、バンの場合は、サーフボードやバイクなども簡単に積めるので、そのようなトランスポーター的な役割も多いです。

もちろん商用車としての使い方にはぴったりで、花屋さんやケーキ屋さんなどのが使用することも非常に多いと言えます。
最近は若者の車離れが問題になっていますが、ハイエースに乗る若者は結構多く、クラブなどを作ってハイエースを楽しんでいるオーナーが多いです。

月に一回ほどのオフ会なども頻繁に行われていて、この車を中心に多くの方が仲間になっています。
ツーリングなども数多く行われていて、一泊二日で遠出をしたり、日帰りの旅を楽しんだりしているようです。

こんなハイエースのオーナー達を取材に来る雑誌社も結構いて、ハイエースが人気のある車であることがよく分かります。
出版不況の中で1台の車種に的を絞って取材を行うのは大変厳しいからだと言えるからです。

関連リンク

Copyright (C)2017人気中古車 ハイエースは室内空間の広さが魅力.All rights reserved.